JKM キッズミュージカルについて

JKM キッズミュージカル 主旨

今の子どもたちのどのくらいが未来に対する自分の「夢」を持っているでしょうか?
困難を乗り越えて「夢」にチャレンジしたあとの達成感や成長したという実感を味わったことがあるでしょうか?

どれだけの子供が自分の無限の可能性に気づいているでしょうか?
そしてどれだけの親たちが今のありのままのわが子の姿の素晴らしさに気づいているでしょうか?


  21世紀に入り、子供たちのとりまく環境は、ますます厳しいものになっております。学校でのいじめや保健室登校の問題、そして不登校やひきこもり、地域や家庭内で起きてる少年犯罪などの様々な問題がおきている中、家庭・学校・地域のどの環境においてもリラックスできる子どもたちの居場所がだんだんと狭められているように思えます。

  そんな次世代を担う子どもたちに対する豊かな感性と強い意志を持って自分の未来を自ら築き上げられる力をつけていく人間形成のための教育は、学校だけでなく地域社会全体の責務であり、これからより多くの「地域教育」の場が提供されることが必要です。

8月の市民文化会館 中ホールでの本番公演に向けて厳しい稽古を乗り越えた子どもたちが達成感と笑顔と21世紀を生きていくための「生きる力」を感じてくれればと思います。

  そして作品や授業、合宿の内容に「家族」や「夢」などをテーマとして織り込むことで、「家族の絆」の大切さや「自分自身の可能性」を再認識して頂けたらと思います。

  また子どもたちを取り巻くボランティアスタッフがこの事業にかかわるなか、子どもたちの成長を通して更なる「学び」があることを心から願っております。



実行委員長 山本 健二

ページのトップへ